雨漏りのサインは屋根の経年劣化からはじまります

これって雨漏り?~症状の種類~

どのようなつくりの住宅でも長い間利用していれば経年劣化が生じてしまい、雨漏りなどのトラブルが発生してしまう確率が高くなります。住宅でこうしたトラブルを発見した場合は、すぐに雨漏り修理を行ない、住宅への悪影響を防ぎましょう。

雨漏り修理が必要なトラブル事例

  • 外壁や屋根から水が漏れている
  • 電気設備の不調が目立つようになってきた
  • 外壁の汚れが目立つようになった
  • 蛇口から赤色の水がでることがある

症状を確認したら早急に雨漏り修理をしよう

住宅に発生した雨漏りを修理する際はまず屋根の状態を確認し、その状態に合わせて最適な施工プランを考える必要があります。素人が屋根の点検を行なうと怪我を負う可能性があるため、屋根の診断を行なう際は雨漏り修理の専門業者に調査を依頼するのが最適です。業者の取り扱っている調査方法には散水調査や発光液調査、赤外線調査などさまざまなものが用意されています。雨漏りの原因を調べる場合は、業者の方にいろいろな調査を実施してもらいましょう。

雨漏りが起こる原因

作業員

瓦屋根の住宅で雨漏りが発生する原因の多くは、屋根の老朽化によるトラブルです。そのため築年数が経った瓦屋根を使用した住宅で雨漏りが発生した場合は、屋根をチェックして屋根材に破損などが発生していないかを調べてから雨漏り修理をしましょう。

雨漏りにつながる屋根トラブル

  • 瓦のひび割れ
  • 棟板金の隙間からの雨漏り
  • 瓦の浮き
  • コーキングの剥がれ
  • 付帯部の劣化

瓦が劣化する理由

震災などの被害
瓦はとても丈夫で耐久性が高い屋根材ですが、地震が発生すると瓦の割れやズレが発生してしまいます。こうした現象が発生している時に雨が降ると、割れやズレが生じた部分から雨漏りが発生してしまう可能性が高いです。地震が発生した後に雨漏りが生じるようになった場合は、瓦に生じた割れやズレを直すことで雨漏りの発生を防ぎましょう。火災保険を利用して施工費用を支払えば、個人の資金から修理費用を支払う必要はありません。
経年劣化
住宅に使用されている屋根材は錆びたり塗装が剥がれたりしてしまうと、屋根としての効果をきちんと発揮することができません。経年劣化により屋根材が傷んできた場合は、補修作業を行なって屋根材を新しいものへと交換するのが有効です。
手抜き工事
購入したばかりの住宅で雨漏りが発生した場合は、住宅建築を行なった業者が適切な施工を行なっていない可能性が高いです。雨漏りが発生した場合は住宅を購入した業者に相談を行ない、住宅の屋根をしっかりと直してもらいましょう。

再発防止を兼ねた雨漏り修理

屋根に発生したトラブルを迅速に雨漏り修理しておけば、住宅内で雨漏りが発生してしまうことはありません。また雨漏り修理工事を実施しておけば屋根の状態を定期的にチェックすることができ、屋根材の破損や劣化が発生するのを防ぐことが可能です。

自宅に使用されている屋根材の経年劣化を防ぎたい場合は、専門業者の方に屋根のメンテナンスや修理を実施するのが最適です。また依頼する際はベランダの防水工事も依頼しておき、住宅全体を強化しましょう。

TOPボタン