防水工事で雨漏り対策!その種類とメリットとは

ベランダ防水工事の種類

雨漏り修理に利用される防水工事には、さまざまなバリエーションが用意されています。こういった施工の中から自分の予算や目的に合った施工法を選択しておけば、施工にかかる時間や費用を少なくして負担を軽減することが可能です。

ベランダ防水の基礎

ウレタン防水
ウレタンを利用した防水施工は、下地に塗るだけで防水効果を発揮できる施工法です。施工場所が複雑な形をしていても簡単に施工を施すことが可能で、軽量なためスムーズに防水工事を進めることができます。施工にかかる費用は他の工事よりも安く、なるべく少ない金額で防水工事を実施しておきたい方に最適な工事ともいえます。
アスファルト防水
アスファルト防水は特殊な布にアスファルトを含ませ、この布を貼り重ねることで防水効果を保つ工事になります。防水層が厚くてしっかりしているため、施工を実施しておけば長い間水の侵入を防ぐことが可能です。以前までは施工を行なう際に臭いや煙が気になることが多かったですが、最近では臭いや煙の発生を抑えた施工法が登場してきています。
FRP防水
強度が高く耐久性に優れたFRPを使った防水施工は、しっかりとした防水効果を発揮するのに最適です。耐食性や対候性にも優れているため、最近では木造住宅や下水道施設などの場所でよく利用されるようになってきました。塗料の速乾性も非常に優れているため、施工を実施してから数日で作業を完了させることができます。

住宅の築年数が経過している場合

男性作業員

築年数が長い住宅は外壁や屋根などの場所が劣化している可能性が高く、そのまま利用していると雨漏りが発生してしまう危険性があります。そのため防水工事を実施する際はリフォームも実施し、住宅をきちんと改善しておきましょう。

TOPボタン