業者に依頼するまでの間は応急処置で雨漏り修理がおすすめ

簡易的な応急処置なら自分でできる

自宅で雨漏りが発生した場合は業者が修理に来るまで、応急処置を施して雨漏りの発生を防ぐ必要があります。応急処置をきちんと実施しておけば被害の拡大を防ぎ、修理にかかる費用や時間を少なくすることが可能です。

おすすめの応急処置

屋根裏への対策
はしごなどを使って住宅の屋根裏へ移動することができる場合は、屋根裏にシートを設置して雨の浸食を防ぎましょう。しかし屋根裏へ移動するのに手間がかかる場合は無理にシートを設置せず、早急に修理を依頼するのがベストです。
防水テープで補修
雨漏りが発生している場所を防水テープなどで塞いでおけば、穴の開いた場所から住宅へ水が侵入してくるのを防ぐことが可能です。その上からビニールシートを設置しておけば、雨漏りの被害をより小さくすることができます。
バケツやブルーシートを使用する
ホームセンターなどの店舗で売っているブルーシートを雨漏り部分の天井に張っておくと、水漏れの量を減らすことができます。その下にバケツなどを設置しておけば、シートに付着した雨水で床が濡れるのを防ぐことが可能です。

工事にかかる費用

雨漏り修理を実施する際に必要となる費用は、住宅の大きさや使用されている屋根材によって変動することが多いです。また修理費用は依頼する業者によっても変化するため、施工を依頼する場合はいろいろな業者に施工の見積もりを依頼しておきましょう。また積雪や落雷などの災害によって生じた住宅の破損は、火災保険を利用して修理することが可能です。事前に相談を行なっておけば対応もスムーズですし、短期間で屋根の修理を完了することができます。

TOPボタン